« NESを吸い出す その3 | トップページ | お詫び »

2007年5月21日 (月)

NESについて

ココでぬぴんさんから質問のあったNESの接続についてチョット書きたいと思います。

Nes_connect_1NESは普通のAVケーブルが使えます。画像の通り映像×1・音声×1のモノラルです。家の中に使っていないAVケーブルの1本ぐらいはあると思いますので、問題は無いでしょう。

Mono_ste_cableNes_cable左はSONY製のモノラル⇔ステレオケーブルです。モノラルでも左右のスピーカーから聞こえるとチョットうれしいですよね。リサイクルショップで新品105円で手に入れてファミコンボックスでも使ってます。右はNES同梱のモノラルケーブルです。未開封なのでビニールのままでごめんなさい。

Nes_connect_2一応NESにもRFスイッチが使えます。私は確認していませんが日本のは使えないらしいです。そのうち確認します。ちなみに使用するチャンネルは3と4です。ファミコンは1と2ですね。

Nes_rf_1Nes_rf_2これはNES用RFスイッチです。日本のと変わんないですね。形状もほぼ同じ。これも今度試してみます。

Nes_ac 純正ACアダプタ。文字も読めると思いますので細かいところはご確認ください。海外のものを日本で売るにもPSE法は適用されるんですかね?

一応接続に関してはこんな感じです。本体のエリアプロテクトやらで正常にプレイできない場合もあるようなので、プレイできるかどうかはソフトや本体との組合せによります。本体側のプロテクトは簡単に外せるようです。今回の内容に関しては、クッキーさんやwaixingさんのページが非常に参考になります。

|

« NESを吸い出す その3 | トップページ | お詫び »

コメント

お返事遅れました。
記事にまでしていただきありがとうございます。
僕もディスクやツインファミコンを持っているので
プレイしたいのですが、どうすればいいですか、
というFAQを書いていないことを反省いたします。

本当の初心者が気づかないところを書くのが
親切の第一歩かもと改めて気づかされました。
重ねてお礼を申し上げます。

なんか、フランス(エウロペ版)はRGBっぽい
といううわさも聞きました。
さてまさ氏のレクチャーで済みますかどうか。
数ヵ月後に現物見ないと分かりませんが
すんなりプレイできることを今から願っている次第です。

投稿: ぬぴん | 2007年5月22日 (火) 00時54分

お礼なんてとんでもないです。こういうのは楽しいですし。

ゲーム機の接続に関しては、接続できるのが当たり前の人しか記事を書かないから書かれていないことが多いですよね。ファミコンの接続とか書いてあるページを見ると、親切だなぁって思います。

投稿: まさやん | 2007年5月22日 (火) 16時46分

最近、あまり更新していないwaixingです。

はじめまして、ぬぴんさん。
横レス申し訳ありません。

NESはヨーロッパ版の本体でも幾つか存在し、
映像方式も当然ながら違うので、日本のテレビのAV端子にそのまま差しても垂直同期が取れないのと、白黒で出力されます(PAL版のNES本体をNTSCのテレビで出力した場合)。また、垂直同期をテレビで調整しても白黒でしか出力されないので、あまり有用では無いのかと。

NES本体がPALの何バージョン(NES Version/European Version/Mattel Version/Asian Version/Hong Kong Version……等)によって、対応出来るカートリッジがAとBで分かれるかと思います。
Asian VersionやHong Kong Versionに関しては、恐らくソレ専用ですが。

後は、ヨーロッパのNES本体でもフランス版に関しては、通常のAV端子ではなく、スカート端子(RGB21pin端子と同じ風な形状の奴)になっているのかと思います。
以前、フランス版のハードウェア構成が知りたくて購入も検討しましたが、送料の高さ(約1万)で諦めました。

私が使用しているのは、Asian Versionをエリアプロテクト外し改造して使っていたりします。テレビは免税店でPAL/NTSC両対応のをとりあえず使ってます。PAL本体でないときちんと起動すらしないゲームも一部ありますし。

因みに、Asian Version(元々220V用が付属)でもACアダプタはファミコン付属のがそのまま使えます。

と、お目汚しかつ既に知っている情報でしたらごめんなさい。

投稿: waixing | 2007年6月14日 (木) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NESを吸い出す その3 | トップページ | お詫び »