« 創世機ファミー その2 | トップページ | ディスクBASIC その2 »

2007年2月18日 (日)

ディスクBASIC

ずーっと作りたいと思っていたディスクBASICです。ディスクBASICとはディスクシステム版ファミリーベーシックのことで、フリーエリアが2.1Aで1982バイト、3.0で4086バイトというメモリの少なさと、起動時の「ワタシハ ファミリーコンピュータ デス」を毎回通らないとBASICモードに移れないというわずらわしさを解消するために考えられました。でもよく考えると、ファミリーベーシックV3は起動後そのままBASICモードですよね。しかも命令が増えたりして使いやすくなってるはずなのに、どうして2.1Aを書き込もうと思ったのでしょうか?まー、そんなこと素人の私には分りませんのでとにかくやってみます。

Basic_aBasic_b 必要なのはファミコン、ディスクシステム、ファミリーベーシック(2.1A)、データレコーダ(モノラルのラジカセでもよいはず)、トンカチエディター、ファミコン改造マニュアルVol.3と根気。

Basic_gattai このようにセットします。この写真を見て「おや?」と思った方もいらっしゃると思います。実はこの画像の上の物とは違います。上のは撮影用(データレコーダは新品)で、こちらは実動用です。しかも3.5φミニジャックのケーブルが無かったので仕方なく電気屋に買いに行きました(近くにハードオフとか無いので)。

Cabletape こちらが買ってきたもの。テープも無かったので100均で買って来ました。合計900円。これからのことを考えれば安い買い物かな。だって付属の新品のケーブルは使いたくなかったし。

Datarecorder_aDatarecorder_bデータレコーダの中身です。初めてまともに使用するのでゴムは大丈夫か開けて見ました。あまり張りは良くなかったので心配ですが、切れてないのでこのままいきます。

ファミリーベーシックを起動させてBASICモードにします。

Chara_saveHontai_saveまずはキャラクタデータをテープにセーブするプログラムを41行分キーボードでカチャカチャ打ちます。そしてプログラムを走らせてセーブします。ところが私は何をカン違いしたのか、打ち込んだプログラムをそのままセーブしてしまい後で困ることとなります(画像はカン違いしたときのものなのでプログラムをセーブした後になっています)。皆さんはキチンと走らせてセーブしてください。その後に本体のデータをセーブするためのプログラムを9行分打ち込んで同様にセーブします。キャラクタのセーブには5分くらい、本体のセーブには2分半くらいかかります。

Basicdisk Tonkachi_main 次にこちらの組み合わせに。普段絶対しない組み合わせなので新鮮です。まずトンカチエディターを起動します。

Tonkachi_rabel1.適当なディスクをセットして(今回は「スーパーマリオブラザーズ2」)ファイル選択画面にします。2.ディスクを抜いて新しいディスクをセットします。次に1コンの上+Bと2コンのBを同時に押してVOLラベルを書き換えます。SIZEを03に書き換えてセーブします。3.もう一度適当なディスクをセットし一番上の許諾ファイルを読み込みます。4.さっきのVOLラベルを書き換えたディスクをセットしセーブします。「カキコンダツギノファイルガコワレマシタ」と出るのでセレクトボタンを押します。5.画面上部のファイルラベルを書き換えます。2コンのBボタンを押しながら1コンで「KUMA-04W 0060 7A05 00 01」と書き換えてリセットを押し、6000番地から657F番地まで(要するに全部)本を見ながらコントローラでチマチマチマチマ書き換えてセーブすると、再び「カキコンダ…」と出るのでセレクトボタンを押します。6.今度はファイルラベルを「KUMA-05W E0DF 2000 00 02」と書き換えてリセットを押しDFE0番地からDFFF番地まで(こちらも全部ですが少ないです)書き換えてセーブします。

Tensou_aTensou_b以上でテープからディスクへの転送用ディスクの出来上がりです。必要なものの中にあった根気は5で使います。プログラムを書き換えるのに2時間近くかかりました。しかも後で誤って消してしまい、もう1度やる破目に…。だいぶ長くなりましたがやっと半分まで来ました。続きはその2で書きます。

ちなみに転送用ディスクのファイルラベルですがファミコン改造マニュアルでは「KUMA-04W 6000 7A05 00 01」と「KUMA-05W DEF0 00 02」と書いてありますが6000では0060番地からになるし、DEF0ではF0DE番地からになるので変えてみました。あってるかどうかは分りませんが出来ればいいのでコレでいきます。DEF0のほうは間違えるとしたらDFE0と間違えるはずなので2段階で間違えてます。多分。コレによりあなたのベーシックに何か起きても責任は取れませんので、自己責任でお願いいたします

|

« 創世機ファミー その2 | トップページ | ディスクBASIC その2 »

コメント

はじめまして!ファミリーベーシックのディスクベーシック検索で辿りつきました。
昔、自分もファミコン改造マニュアルVOL3を読み、トンカチエディターを買って作ろうとしましたが幾ら本を読んでプログラムを打ち込んでも作れなかった思い出があります、一体自分のドコをドウ間違ってたのか..?
今時ですがファミリーベーシック熱がまた再版したのでこちらの記事を参考に近い内にディスクベーシックを作ってみようかと思っています。

投稿: 鉄工 | 2009年6月16日 (火) 21時10分

お尋ねしたいのですが、当方の環境では完成したディスクベーシックにおいて”BGTOOL”コマンドが使えないようです。
まさやん様の環境ではどうでしょうか?

投稿: | 2020年11月13日 (金) 07時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 創世機ファミー その2 | トップページ | ディスクBASIC その2 »